感情コントロール2

      2018/03/12

スポンサーリンク

おはようございます。

笑う門には福きたる!

笑わせ介護士の八福です。

 

 

前回からの続きです。

 

★介護業界における感情コントロールの必要性★つづき

 

 

感情コントロールという話ですが、まず製造業でのカッとなってやってしまった件の話をしました。(前回より引用)

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

たとえば、製造業などであった場合、ラインなどに入っていて、上司にきつく言われたり、何か感情を抑えられない出来事があって、ついカッとなって、自分が携わっている製造物を力強く投げてしまった、、、

 

まぁ、これも社会人としては問題ある行動ですが、このシチュエーションの場合、簡単に言うと、その製造物が壊れた事と、その人個人が信用を失う程度の事実で済みますよね。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

しかし、それがもし介護業界であったとしたらどうでしょう?

 

 

想像してみて下さい。

あなたが介護現場で働いているとして、

ある利用者さんがいます。

認知症が少しあるとは言え、軽度であり、しっかりしている部分もあります。

その利用者からいきなり殴られました。

顔にツバを吐きかけられました。

歯形がクッキリ残るくらい嚙みつかれました。

あなたは冷静になる間もなく、つい反射的に殴り返してしまい、利用者にアザを作ってしまいました。

 

 

 

これって正当防衛?

 

 

 

と、思いたいですが、そうは思ってもらえないですよね?

 

世間の目は、介護者による、利用者への「虐待」

 

と言う事になるでしょう。

 

スポンサーリンク

★介護業界のポジション★

 

 

虐待問題にうるさいこのご時世、

それがマスコミざたにでもなれば、

そう、その施設はもう終わりですよね?

 

 

簡潔すぎるほど簡潔に書きましたが、

これが前回書いた、「対人」「福祉」の仕事の恐ろしさです。

 

 

 

製造業などは、「商品」という間接的なものでもってお客さんに価値提供を行います。

だから、商品に益々の磨きをかけ、お客さんの信頼を得ていきます。そこで働く社員の顔なんて見えないですよね。

 

一方、介護業界は、製造業で言うところの「商品」というのは、、、そう我々介護職員です。

職員がそのまま商品となります。商品の良し悪しがお客さんの評価になります。だから、介護施設という所は、我々職員に磨きをかける必要があります。

その磨きをかけなきゃいけないものの最たる代表格の一つが「感情コントロール」です。

 

 

上記の説明で、なんとなくわかってはもらえると思いますが、次回にもう少しわかりやすく説明していこうと思います。

 

※つづく

スポンサーリンク


 - 感情コントロール