死生観2

      2018/03/12

スポンサーリンク

おはようございます。

笑う門には福来る!

笑わせ介護士の八福です。

 

前回、「死生観」というものについて書きました。

そこから、ふと思いついた事があるので、今日はそれについて書きますね。

 

日本は、というか先進国は、医療がどんどん発達し、長寿が当たり前になってきましたよね。

「長生きは素晴らしい。」といった価値観も、一般的には当たり前のように言われますよね。

 

★長生きは素晴らしい!★

 

どうです?あなたもそう思いますか?

 

 

まぁ、この言葉だけをとらえたら、普通はそう思いますよね。

 

 

では、こんなケースを挙げましょう。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

あなたは、若い頃、自分が夢にまで見た仕事に就き、そして出世してどんどん地位は上がり、もちろんそれに比例して収入もあがり、社長や上司からは絶対の信頼をされ、同僚や後輩達からも憧れられる存在。また、家族にも恵まれ、順風満帆に最高の人生を歩んでいました。

 

しかし・・・そんな矢先、働き盛りのあなたは急に意識を失いました。

 

気づいた時には、病院のベッドの上。

体を動かしてみようとするも、体半分が全く動かない。

また言葉を発しようにも、まともに喋れない。

 

医師からの宣告は、「脳梗塞でした。今後、ずっとこのままでしょう。」

 

あなたは、もちろん仕事を継続できるわけもなく、退社する事になりました。

 

家族は一生懸命、看病や介護をしてくれました。

 

しかし、現実を受け入れないあなたは、言葉もろくに伝えることが出来ないあなたは、そのイラつきをどこにぶつけて良いかもわからず、つい身近な家族に当たってしまします。

 

そして、ついには家族からも見放され、離婚。

少しばかりのお金だけ残され、家族は去ってしまいました。

 

たまたま、いつもお世話になっている民生委員さんが訪問され、事の次第を何とか理解してもらえ、あなたは介護施設に入る運びになりました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

と、こんなストーリーがあなたにあったとしましょう。

 

スポンサーリンク

★正直、長生きしたいですか?★

先ほど書いたようなストーリーは、フィクションのような話ではありません。

実際によくあるケースです。

 

利用者から、「もう死にたいわ・・・。」と訴えてこられる事なんてしょっちゅうです。

もし、そんな風に言ってこられたら、あなたならどう対応しますか?

 

 

「そんな事言わないで。長生きして。」

 

 

な~んて、つい言ってしまったりしません?(;^ω^)

これが別に悪いわけでもありません。

これも十分相手の事を思うからこその発言ですよね。

 

ですが、その人の、生活史などの人生の背景を考えて、共感してあげる事が一番大事なのかなと私は思っています。

だって、同じ境遇なら私も死にたいですもん(;^ω^)

自分よりはるかに若い介護士さんから、「死ぬなー!長生きするんだー!」なんて言われても・・・って感じですよね(;^ω^)

 

 

精一杯、その人の辛さを想像し、共感してあげる。

 

 

そんな時は、それだけで良いと思います(^_-)-☆

 

※つづく

スポンサーリンク


 - 介護マインドセット