死生観3

      2018/03/12

スポンサーリンク

おはようございます。

笑う門には福来る!

笑わせ介護士の八福です。

 

 

「死生観」について書いてきましたが、どうでしたか?

 

「長生き」という価値観も、条件が変われば変わってきますよね?

 

お年寄りの皆さんは、それだけ長生きしていると、我々若者よりはよっぽど価値観が変わるほどのかなりの条件(背景)をお持ちだということです。

 

つまり「長生き」に対する価値観はかなり多様であるという事です。

 

 

★健康寿命と平均寿命★

 

健康寿命と平均寿命という区別があるのを知っていますか?

 

という私も実は最近までよく知らなかったんですが・・・(;^ω^)

 

①健康寿命・・・元気に自立して過ごせる期間

②平均寿命・・・皆が共通の認識をしている、「寿命」のことです。

 

平均寿命の方は、男性が約80歳、女性が約86歳とはどこかで聞くことがあると思います。

しかし、健康寿命(元気に自立して過ごせる期間)は、男性が約71歳女性が約74歳だということです。

 

スポンサーリンク

★不自由な期間(無念期間)★

 

つまり、「体が自分の思い通りに動かない、人のお世話にならないといけない期間」が以下ぐらいあるということです。

 

単純に引き算して・・・

男性・・・9年間

女性・・・12年間

 

 

ということです。長いですか?短いですか?

皆が全てそうであるというわけではないですが、平均です。

 

男性は約9年間、女性は約12年間、自分の体が思い通りにならず、誰かの世話にならないといけない期間があります。

仮にこの期間を「無念期間」という風に定義したとしましょう。

(別にこんな呼び方はないんですよ。話の便宜上です・・・(;^ω^))

 

 

自分の未来を考えても、また目の前にいるお年寄りの事を考えても、我々人類の将来のQOLというものを考えるうえで、

 

①この無念期間をできる限り短くする。

②この無念期間に対する意味合いを変えていく。

 

という事を伝えていく事が大切であり、今後の我々介護士の使命でもあるのかなと思っております。

 

 

次回、この①②がどういうことなのかについて書いていきます。

 

※つづく

スポンサーリンク


 - 介護マインドセット