虐待について考える

      2018/03/12

スポンサーリンク

おはようございます。

笑う門には福きたる!

笑わせ介護士の八福です。

 

 

今日から虐待について考えていきたいと思います。

 

★子育てから虐待を考える★

 

前回、あなたは、子育てにおいて「子供にイラついた事なんて一度もない。」という親の話は信用できる方ですか?できない方ですか?という質問をしましたが、どうでしたか?

 

 

ある?

 

 

かなりある?

 

 

色々ですよね。

 

 

私はもちろんあります。(;^ω^)

 

だって子供は言うこと聞きませんもんね~予想以上に悪知恵がついていたりもしますもんね~

頭をペシッと叩くことだってありますよ。

 

「何回言わせるんだ!」ってね(;^ω^)

 

 

愛情がないんであれば別ですが、まぁ、別に普通の光景だなって思います。

今の世の中、子供に怒鳴ったり、叩いて教育している光景も減っているよな~って思います。

また、明らかに自分の子供が人様に迷惑な事をしていても、注意をしない親も増えています。

 

 

何が言いたいかというと、常識なんて、みんなバラバラなんですよ。

だから、必要以上に、「良い親でないといけない。」などと「私は親として、もっとこうあるべき。」などと、自分の首を絞める必要はないわけです。

 

 

しっかりとした愛情を注いでいれば、それで大丈夫です(^_-)-☆

 

 

スポンサーリンク

★介護現場での虐待を考える★

 

で、虐待問題に戻るわけですが、介護施設においての虐待問題も同じ事が言えると思います。

 

 

介護施設において、虐待問題について考える時、

 

「言葉づかい」

「介護技術の向上」

「不適切なケアの行政への報告義務」

「虐待に関する教育、研修、指導」

 

などといった事がメインで取り上げられます。

 

まぁ、これらってある側面から見ると、「介護職員って質が悪いから、しっかりとした知識や技術を付け、また、隠蔽はしないで内部告発であってもしっかり報告しなさい。」といったような意味合いでも取れますよね。

 

 

いくら社会問題であるとはいえ、そこで働く立場で考えるとモチベーション下がりますよね~・・・

もしあなたが今介護施設で働いている人ならば、事故や内出血などを発見すると、ため息でますよね?(;^ω^)

 

 

 

こういった社会の風潮がある為、上記のようなスキルアップももちろん大事です。

 

 

★目に見えない価値の提供★

 

でも、先ほどの子育ての話を思い出して下さい。

 

 

「しっかりとした愛情を注いでいれば、それで大丈夫です。」

 

 

もっとも大切なのは、そこにいる利用者さんへ、どれだけ愛情を注げるかですよね?

「この人にもっと何をしてあげたいか。」「余生を楽しく過ごしてもらう為に何をしてあげればいいか。」といった思いですよね。

 

ひいては、その利用者をとりまく人生、家族までも、まるで自分ごとのように愛情を注げるならば、言うことありませんよね。

 

 

施設全体にその心があれば、少々の言葉づかい問題なんて、正直ハナクソでもないと思っています。

(変な表現ですいません(;^ω^))

 

 

根本は“心”です。

 

サービス業ですから、目に見えるもので勝負するのではありません。

形のないもので勝負する必要があるのです。

 

 

 

 

※つづく

スポンサーリンク


 - 虐待