「施設介護」の良さ ~①仲間の存在 その2~

      2018/03/12

スポンサーリンク

おはようございます。

笑う門には福来る!

笑わせ介護士の八福です。

 

 

前回、「施設で働くことの良さ」について、①仲間の存在を挙げました。

 

これは本当に本当にありがたいです。

 

人間関係も色々とあるけど、急変時などに限っては、たとえ横にいた人が自分とはソリが合わない人であっても、天使に見える事もありますよ(;^ω^)

 

 

★介護現場あるある★

 

私は、初めて介護業界に入った時の過去に勤めていた介護施設で、初めての急変というものが、「夜勤で、且つ既に亡くなっている」というものでした。

 

まだ、夜勤もやり始めたばかりの頃で、介護の経験もまだまだ初心者。

 

夜勤は私一人です。

 

「とにかく、看護師さんだ。」と思い、電話連絡するが、偶然お風呂に入っていたそうで、電話に出られず・・・。

 

 

・・・・・・

 

 

STOP!!・・・

 

もう、私の頭は完全に思考停止しました・・・。

 

幸い、居残りをしていた職員さんを見つけ、事なきを得ましたが・・・。

 

 

でも、看取りでもない人が、「施設で既に亡くなっていた。」という事は、病気や自然死によるものとは扱われず、

 

 

事件性が疑われます。

 

★事件??★

 

つまり、警察が検死に来るわけです。

 

夜中であろうが関係なく。

 

 

初めて「目の前で人が死んでいる。」という経験を味わい、それだけで、一気に胃がキリキリと痛み出したと思ったら、さらに警察に事情聴取される始末・・・。

 

別に自分が悪いわけでなくても、ただでさえ精神的に参っている時に来られると、まるで「自分が悪いのか・・・。」と思わされてしまい、さらに胃を痛めました。

 

 

これだけ瞬時にストレスで胃が痛んだのは生まれて初めてで、翌日まで痛みは続きました。

今となってはいい経験ですが、この時の胃の痛みは決して忘れません。

 

 

初めて介護職に就き、初めて急変を対応した人は、私だけではなく、きっと同じような思いをした人が多数いると思います。

 

正直、こんな事が起きる介護現場で、「介護士」という仕事が社会的な地位が低いって、おかしいですよね。

まぁ、かく言う私もこの業界に入るまでは、こんな業務がある事を知らなかったから、まぁイメージ先行で仕方ない部分はあるでしょうけどね(;^ω^)

 

スポンサーリンク

★大切な仲間を守るために★

 

もし、経験を積まれたあなたなら、新人さんがこんな場面に直面したら、フォローしてあげて下さいね。

 

「急変キッツイよね~?大変だったでしょ、本当にご苦労様。」

「私もいまだに急変はテンパるよ。」

「よく頑張ったね。」

 

と、それだけでもきっと励みになると思います。(^_-)-☆

 

とにかく、仲間が大事です!☆彡

 

※つづく

スポンサーリンク

 


 - 介護施設