有給消化が義務化!?有給をとりにくい介護現場で円滑に有給を消化していく方法とは?

      2018/03/22

スポンサーリンク

おはようございます。 

笑う角には福来たる。

笑わせ介護士の八福です。

 

有給休暇って、働く者であれば、必ず聞いたことがあると思います。

 

でも、自分にはどれだけの有給の数があって、どういう風に使って、どういう権利や義務などがあるのか?までを細かく知っている人は、グンと少なくなると思います。

 

この記事では、有給休暇についての、労働者の権利や義務などについて、出来る限りわかり易く書いてみたいと思います。

 

有給についての「労働者の権利」を理解していますか?

あなたは有給を使った事がありますか?

 

有給を申請する際に、上司から

 

「ムリだ。」とか、

「この会社は有給は使えないよ。」とか

 

言われませんでしたか?(;^ω^)

 

上司からの返事がそんな返しだとしたら、今の時代ではある意味ブラックですからね~。

 

ひと昔前は、そんなのが当然でした。

 

有給を使う人も少なかったと思います。

 

でも、もう時代も変わり、ワークライフバランスを大事にする人が増え、自分の権利を主張する人が増え、会社に依存せずにノマドのように会社を渡り歩く人が増え、有給とは当然の権利としてあります。

 

こんな時代の中で、有給を使わせてもらえない会社にお勤めであれば、それはもうれっきとしたブラック企業です。

 

だからこそ、賢く強くなってくださいね。

 

有給は労働者の当然の権利です。

労働者に有給を使わせない権利は使用者にはありません。

 

 

 

有給についての「使用者の権利」を理解していますか?

スポンサーリンク

 

「使用者」というのは、雇う側の人間の事です。

つまり経営者ですね。

 

有給は労働者の権利で、有給を使わせない権利は使用者にはないという話をしましたが、使用者に「全く何の権利もない」というわけではありません。

 

使用者には、「時季変更権」という権利があります。

 

そりゃ、繁忙期や人手が足りない時に、平気で有給をたくさん使って海外旅行♪なんて、勘弁して欲しいですもんね。(;^ω^)

 

だからこそ、使用者はこの「時季変更権」を使い、使用するタイミングを変更してもらう権利があります。

 

そりゃ、使用者=経営者は、会社や社員を守る使命があるわけですからね。

会社の収益を守り、社員の生活を守り、そして社員の体も守る義務がある。

 

だからこそ、社員のリフレッシュの為に、有給は使わせないといけないし、また、事業がスムーズに運営できるように、有給の使用時期や日数などの調整もしないといけないわけです。

 

適切な労働環境づくりの為に、介護主任や介護リーダーが心掛けるべきこと

近年、国の方針で、「年間に10以上の有給休暇が付与される人には、最低5日以上の有給をとらせなさい。」という事が義務化される動きが出てきました。

 

これはつまり、日本ってそれだけ有給の消化率が悪いという事なんですね。

 

介護現場のような毎日稼働させないといけないような業種は、特に有給の消化が出来ていないと思います。

 

私の職場では、比較的有給の消化は出来ているのでは?と思うのですが、やはり、有給を消化する人が多い月は、現場の職員にかかる業務の負担が恐ろしく大きいものになります。

 

もし、あなたが介護主任やリーダーさんなら、職員が有給を申請してきたら、どういう対応をしていますか?

 

「ここでは有給は使えない!」

 

などと返したりしていませんか?(;^ω^)

 

何気に発してしまう言葉かもしれませんが、違法になりますからね。注意してくださいね(;^ω^)

 

この有給消化のあり方については、一度使用者としっかりと話された方が良いかと思います。

 

いくらあなたが上司とは言え、

 

あなたも一人の「労働者」

 

ですからね。同じ権利を所有しているわけです。

 

 

だから、「上司の自分が我慢しているんだから、お前たちも我慢しろ。」なんて、短絡的で無能なマインドは決して持たないでくださいね。

 

誰も付いてきませんからね(;^ω^)

 

そんな考え方をする無駄な時間を削減し、

 

・毎月、最低どれくらいの人員が必要なのだろう。

・全員の合計有給消化日数が、何日以下なら業務が上手く回るんだろう。

・有給希望者が多い時は、悪いけど日を替えてもらうようお願いしよう。

 

 

というマインドをしっかりと持ってください。

 

 

もう一度言いますが、あなたも労働者です。

 

他の職員の権利の行使を拒否できる権利もなければ、自分の権利を我慢する義務もないのです。

 

徹底的に権利を行使できる為の方法を考えてくださいね(^_-)-☆

 

スポンサーリンク


 - 介護リーダー, 介護主任, 労働問題