他責

      2018/03/12

スポンサーリンク

おはようございます!

笑う門には福きたる!

笑わせ介護士の八福です。

 

 

今日は「他責」について書いてみたいと思います。

「自責」「他責」の「他責」です。

 

 

★あなたは自責?or他責?★

 

あなたは「自責」で生きていますか?

それとも「他責」で生きていますか?

 

「あの人は何でもすぐ他人の責任にする。」の他責。

「あいつのミスだけど、俺が上司だから、責任は俺にある。」などの自責。

 

自営業・企業に関わらず経営者の方、責任のあるポジションに就いておられる方は、基本、自責ですよね?そうでないと大変な事になりますもんね(;^ω^)

でも、、、いますよね?責任あるポジションにいても「他責」の人って。

むしろその方が多いのかも?

私は、経営者なのに他責の人を見たことがあります(;^ω^)

もちろんやっぱりどんどん人が離れていっていました(;^ω^)

 

 

この、「他責」でなく「自責」でという考え方、簡単なようで難しいみたいですね。

もちろん、私なんかも例にもれず、、、基本、短期な方なので、怒っても仕方ないことでも

「なんでこうなるんだ!」と環境のせいにして吠えてしまう事もあります。(;^ω^)

 

人間ですもの、、、感情の生き物ですもの、、、

 

と、慰めてしまえばそれまでですが、

せめて、「自分の力で変えられるもの」「自分の力で変えられないもの」は意識しています。

 

 

スポンサーリンク

★自力で変えられるものor変えられないもの★

 

「自分の力で変えられるもの」  → 自分の考え方、行動など

 

「自分の力で変えられないもの」 → 相手、環境など

 

 

私は、何か問題が起こった時に、「自責」の方はこの「自分の力で変えられるもの」に思考をフォーカスして問題の対処に努めているのではないか?と考えています。

 

 

逆に「他責」の人は、どうにかして相手の責任にしたくて、相手を変えてやりたくて、相手を力づくで変えることによって、自分の正当性を示したくて、、、といった考え方に無意識的に支配されているように思われます。

 

 

この「自分の力で変えられないもの」を無理やり変えてやろうとして時間を費やしてって、正直自分が逆の立場ならどう思います?必死にこちらの責任にしようとしてきている相手って、あなたの目にどう映ります?うっとうしいですよね?

でも、そんな事がわかっていても、我々はついつい自分の事になると、大事な事を忘れてしまって、「相手を変えてやろう。」といった行動に出てしまいますよね?

 

だから、まだまだ未熟な私は、問題が起きると、意識的に「自分に変えられるものはなにか」を考えるようにしています。そうする事で、一時的な怒りなども逃げていくような気がしています。

 

 

いつでも自分の感情を巧くコントロールできるようになりたいですね。

 

※つづく

スポンサーリンク


 - 介護マインドセット